広島市や天王寺には便利な介護付有料老人ホームがある

老人ホームの種類を知っておこう

身近なところで介護が必要になり初めて老人ホームを探す、介護施設を探しているという人は多いです。初めて探すとなるとどんな施設が存在しているのかわからず困ることもあるでしょう。手助けしてくれる施設にどんな種類があるのかをご紹介します。

老人ホームのことを知ろう

男性と女性

高齢者を対象にしている施設はたくさんある

高齢者や介護が必要な人の手助けを行っている施設やサービスは、一昔前に比べて多様化しています。例えば、老人ホームと一口に言っても、介護を行うことができる施設とそうでないものがあります。それぞれサービスや目的、費用や入居の条件などが異なるので、比較しながら探していくといいでしょう。

主な老人ホーム・介護施設の種類

高齢者や介護を必要とする人のための施設には以下のようなものがあります。
・有料老人ホーム
 (介護付有料老人ホーム・住居型有料老人ホーム・健康型有料老人ホームなど)
・介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
・介護老人保健施設
・ケアハウス(軽費老人ホーム)
ここでは、これらの中から有料老人ホームについて掘り下げてみましょう。

介護付有料老人ホームの特徴やメリット

この老人ホームは介護が必要となる人を対象としたものです。施設にはスタッフが常駐していて、24時間いつでも介護サービスを受けることができるようになっています。食事のときはもちろん、1人で入浴や排泄が困難だというときにもサポートをしてくれます。日常生活に於けるいろいろな介護のサービスを兼ね添えた老人ホームです。基本は介護が必要な人が対象ですが、一部では健常者でも入居できるところがあります。
天王寺付近には医療機関と提携し、医療ケアに力を入れいている介護付有料老人ホームもたくさんあるようです。また、広島市のあたりではリハビリを行うことができる施設や認知症でも対応できる施設があります。

住居型有料老人ホームの特徴やメリット

居住型の場合は介護が必要な人だけでなく、そうでない人も対象になっている老人ホームです。食事の提供はもちろん、レクリエーションも多く楽しむことができるでしょう。ただし、常駐で介護に対応できるスタッフがいるというわけでは無いため、介護の度合いが重度の場合は入居し続けるのが難しいでしょう。要介護であっても軽度なら、訪問介護や通所介護といった外部のサービスを利用することが可能で安心して入居できます。
広島市にはリハビリやデイサービスの利用ができる住居型老人ホームがあります。介護は必要ないけどリハビリは行いたいというときにはこういった施設が自由度も高く便利でしょう。

健康型有料老人ホームの特徴やメリット

こちらは自立している高齢者のみ対象となっている老人ホームのことです。介護が必要というばあいは退去しなくてはいけなくなります。元気な人が充実した生活をおくるための設備が整っており、シアタールームやフットネスルーム、露天風呂付などいろいろなサービスが整えられています。レクリエーションが充実しているというところも多く、定期的に健康診断を行ってくれることもあるので安心できるでしょう。

介護付有料老人ホームをお探しならまずこちらへ

老人ホームに入居できる年齢を確認しよう

入居する施設にもよりますが、どの老人ホームにも入居できる条件があり、年齢制限を設けています。健康型や住居型の場合は60歳以上が一般的で、介護付の場合は65歳以上からが原則となっています。ただし、施設によっては50歳以上で入居が可能なところもあるようですので、事前に確認をするようにしましょう。

穏やかな終の住処。安らげる老人ホーム、あります
広告募集中